いよいよ証券が金融の主役に

今、日本のいたるところに変革の波が押し寄せています。特に金融の分野では、約1,600兆円にのぼる個人マネーが貯蓄から投資へ、間接金融から直接金融へと本格的に動き出そうとしています。こうした流れは、成長企業の資金調達を後押しし、日本経済の活性化に大きく貢献することは間違いありません。

株式市場がバブル期以上の活況を呈し、上場企業をめぐるM&A(合併・買収)の話題が世間の注目を集めるなど、このところ株式や証券に対する関心が一段と高まってきました。私たちは証券業が21世紀の成長産業としていよいよ金融の主役に躍り出たことを強く実感しています。

家計のホームドクターとして市場のナビゲーターとして、地域に密着したプロフェッショナルを目指しています。

より安心できゆとりある生活を目指して資産生計を考える人々に対して私たちは何ができるだろうか。竹松証券は、お客様と同じ地域に根を張り活動している、証券・保険のプロフェッショナル集団です。あるときは「家計のホームドクター」としてお金に関するさまざまなご相談に乗り、またあるときは「市場のナビゲーター」としてきめ細やかな証券投資のアドバイスを提供していますいつまでもお客様にとって信頼できるパートナーであること。それが私たちのずっと変わらない基本です。

竹松証券 株式会社

代表取締役社長竹松 俊一

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加